月別アーカイブ: 2016年12月

ホームページ作成ソフトの価格と機能


新しく会社を立ち上げたり新しく自分のお店を持った時、宣伝をするときに持っておくと便利なものがあります。それがホームページです。
近年では、ネットが普及してきた影響でホームページなどを見てお店の雰囲気を見てみたりして行ってみたいと思う方が多いからです。、しかしホームページを持つとは言っても簡単なことではありません。
ホームページ作成をするには、ホームページ作成ソフトというものを使うと楽に作成が出来ます。
とはいってもどんなソフトを選べばいいのか、分からないという方も多くいますよね。近年では、ネットの普及もあり様々なメーカーがソフトを出しているので迷ってしまいますが、まずは自分に合ったソフトを選びましょう。
新しくホームページを始めるという方には画像加工の機能などのたくさんの機能が付いたソフトがおすすめです。このソフトには初心者向けのたくさんの機能がついているので初めから作るのに面倒くさいなという作業も一瞬で終わらせてくれるなどとても便利なのです。
しかしコンピューターをいじるのがあまり得意ではないという方は、あまり機能がごちゃごちゃしていないソフトのほうがおすすめです。たくさんの機能がついている分、価格は少し高めではありますが、これだけの機能が付いたものを買っておいたほうが自分の理想とするホームページが最初から作れるのです。
またコンピューターをいじるのが少し苦手だという方にも初心者向けの軽量ソフトがあります。そちらのほうはあまり機能も多くないのでシンプルなホームページが作ることが出来ます。
すでに自分のホームページを持っているという方には、体験版をダウンロードしてから購入することをお勧めします。というのもすでにあるサイトは読み込んでから作業をするので自分の持っているサイトとホームページ作成ソフトが合わないということも出てくるのです。必ず無料である体験版のソフトをダウンロードしてから自分のサイトに合ったソフトを選ぶことをお勧めします。

ホームページ作成ソフトに必要な事ベスト3


ホームページ作成ソフトは多数販売、提供されていますが、どのソフトを選ぶかで必要な事は主に3つあると言われています。1つめは使い勝手です。
ソフトの使い勝手はかなり違ってきます。可能であれば試用版を使って自分にあっているかチェックしたいところです。また、ソフトの使い勝手については実際にホームページを作ってみることをおすすめします。
作成したデータは本番でも利用できますので合わなければ他のソフトで利用できます。使い勝手をチェックする際にはエディタやUIの他にサイトへの転送についてもチェックしておきたいところです。
サイトへの転送はリアルタイムに行う場合と手動でアップする場合があり、ソフトによって大きく異なります。2つ目のチェックポイントは価格です。オープンソースタイプも多く出ていますが、ボリュームゾーンは5万円以下です。
ホームページ制作ソフトでもっとも利用されているAdobe社のDreamweaverは月額制になりましたが、年間では2万円以上かかる計算となっています。また、買取で人気があるBindなどもあります。
ソフトの価格は機能面で変わってこない点も重要です。多くの場合、機能ではなく、添付されているテンプレートや画像の数で変わってきますので使いたいコンテンツが入っているかも重要なポイントです。
また、ソフトによっては保守費用が必要なケースもあります。特に企業で利用する場合に契約する方が多いのですが、サポートの有無も重要なポイントです。3つめはスマートフォン対応です。
ホームページはスマートフォンで見られる方が多いほどPCでの視聴数が減ってきています。しかし、多くのホームページ作成ソフトはPC向けを基本となっており、スマートフォン対応はレスポンシブルデザインで対応することが多くなっていますが、対応の仕方はソフトによって大きく異なります。自分が作りたいサイトに合わせてレスポンシブルデザインの実現方法を選べるかも重要なポイントです。

ホームページ作成ソフトと独自ドメインの利点


ホームページ作成ソフトでホームページを作成した後は公開する必要があります。
ホームページを公開するためには、ホームページサービスの提供元にユーザ登録してユーザ名などのアドレスで公開する方法と、自分専用の独自ドメインを取得してそのアドレスで公開する方法の2つがあります。
ドメインとは、ホームページを表示するときにブラウザに入力するアドレスのことで、これは世界で唯一のものになります。インターネット上のアドレスと説明されることも多く、ドメインがなくてはホームページを世界中に公開することは出来ません。
ドメインの取得方法として手軽で一般的なのは、ホームページサービスを利用する方法です。
無料や有料のサービスがあり、比較的格安で利用できるのがこの方法の利点になりますが、デメリットもあります。
一番大きなデメリットが、サービス提供元を変更すると、今までホームページ公開に利用していたドメインが変更になってしまうことです。これは、ホームページサービスで提供しているドメインを利用しているため、サービスを変更するとドメインが変更になってしまうからです。
ドメインが変更になってしまうと、今までアクセスしてくれていたユーザーにアドレス変更のお知らせをする必要がありますし、そのお知らせが出来ない場合、今まで来てくれていたユーザーが新しいホームページにアクセスしてくれる確率はかなり減ってしまいます。
この問題を解決出来るのが独自ドメインになります。
独自ドメインを取得するには毎年ドメイン料金を支払う必要がありますが、料金を払っている限りは一生自分専用のドメインとして利用できるという大きな利点があります。
自分専用の独自ドメインを利用するということは、ホームページのアドレスが一生変わらないということですから、一年ぶりにアクセスしようとブックマークから直接訪れてくれたユーザーにも、問題なく現在のホームページを提供することが出来ます。
企業のホームページなどは、独自ドメインに社名などを入れることでわかりやすいアドレスにしていることはご存じのとおりですが、これと同じことが個人でもできるのが独自ドメインとなります。

ホームページ作成ソフトとレンタルサーバーの関係


ホームページを作成する際にさまざまなホームページ制作ソフトが利用されていますが、ソフトは3つに分けられます。1つはFTP機能を使ってレンタルサーバーにアクセスするパターン、2つめはウェブ上でレンタルサーバーにデータを送る、3つめはレンタルサーバー側にホームページ制作機能が付いている場合です。
特に初心者の場合はウェブ上で完結するレンタルサーバーが用意しているソフトを利用する機会が多くなっています。レンタルサーバー側で用意しているホームページ作成ソフトは大きく分けて2つあります。
1つはブログ形式になっており、ワープロ感覚で記事をかけるタイプです。このタイプはワードプレスなどと同様の使い勝手であり、初心者でも悩まずに使える特徴があります。
ただし、FTPからアップしたファイルによっては編集できない場合もあるので要注意です。基本的にはソフトで作ったファイルはあくまでもソフトで作り、レンタルサーバーの機能を使ったらソフトでは修正しないことが大事です。
理由としては各ソフトや機能では独自のタグを盛り込んでいる場合が多く、それぞれの環境によっては削除されてしまう可能性があるからです。また、FTPでデータを送れる機能があるホームページ作成ソフトによっては各レンタルサーバー向けにカスタマイズした仕様が盛り込まれている場合もあります。
カスタマイズした仕様についてはHTMLに則って追加されることが多いですが、一部独自機能となるケースもあります。どのホームページ作成ソフトを使うかはユーザーに任されていますが、各ソフトの癖は掴んでおきたいところです。
また、ブログ形式の場合、ホームページ作成ソフトでは更新できない場合も多くなっています。また、ホームページはHTML5やJavascriptとの連携が重要となってきていますが、各レンタルサーバーで用意している機能でも対応が進んできていますが、まだまだ不十分なところもあり、ホームページ作成ソフトの方が機能が充実していることも多くなっています。

ホームページ作成ソフトとホームページ制作会社


ホームページ作成ソフトを選ぶ際、ホームページ制作会社で利用されているから導入したという方も多いようです。ホームページ作成ソフトは数が多いため、選ぶのが大変です。
プロが使う道具は素人や個人制作では使いづらい場合も多いのですが、ホームページ作成については逆にプロが使っているからこそ使いやすいと考えられています。
ホームページ制作会社で導入されているホームページ作成ソフトとしては圧倒的にアドビ社のDreamweaverが多いです。Dreamweaverは他のアドビ製品との親和性が大変高く、分業制に対応していたり、デザイン性も高いのが特徴です。
また、プロの現場で鍛え上げられているので使い勝手も良くなっています。個人製作においてもUIが洗練されているので大変好評ですし、CMSとの親和性もあるのでプログラマも利用する場合が多くなっています。
ただし、月に1000円程度の月額課金制が取られているので個人の場合はランニングコストの面で利用しない方も多いようです。その場合はホームページビルダーやBindが選ばれることが多くなっています。
特にBindについてはデザイン性が高いのでプロの現場でも利用する場合があるほどです。ホームページビルダーについてはCSSを利用する形式になったことで利用する方が増えていますが、まだまだ荒削りなUIもあり、価格面での優位性以外は評価が難しいとする方も多いです。
ホームページ作成ソフトは試用版が必ずといっていいほど用意されているのでさまざまなタイプを試してみたいところです。ホームページ制作会社が利用しているソフトはDreamweaverの他にエディタタイプも多くなってきており、HTMLが分かるならATOMなども選択肢の一つとなっています。
ATOMはオープンソースタイプのエディタですが、強力なHTML補完機能が好評です。また、軽快な動きもあってDreamweaverと併用されるケースが多くなっています。

ホームページ作成ソフトとは?


ホームページ作成ソフトとは?ホームページの画面や、画面の中のリンクなどを、専門的なタグの使い方やプログラミング言語を理解していなくても、自分で作成できるソフトのことです。
トップページから必要なページへのリンクを貼ったり、写真や必要な文字情報を載せたり、ということが比較的解りやすく作れるようになります。
パソコン上でのソフトの取り扱いなど、テキストを併用した基礎的な学習は必要ですが、まず簡単なものを一つ作成してみて、シンプルな形からだんだん高度なものへと作り込んでいくとよいでしょう。
ホームページ作成の具体的な作業としては自分のパソコンの中でホームページを作成すること、そして、プロバイダと契約して、レンタルしたサーバーに転送してネット上にそのホームページをUPする、というプロセスをそのソフトを使用することで可能にしています。
そして、自分のパソコン上から、ネットを介してホームページの維持管理も自分で行えるようになります。
よって、作成者はそのホームページの作成者であり、管理人になるのです。そういった作業を一貫して行えるのがホームページ作成ソフトなのです。
例えばイラストや文章などの自分の趣味の発表の場であったり、自分の会社やお店の紹介、商品の通信販売などのお知らせを世界に向けて発表・発信できる場として、好みのスタイルで画面やリンクを構成し、また、レンタルCGIやブログなどを繋いで、より楽しい構成を作れます。
ただ、無造作に作り始めたホームページに、無計画にリンクを貼り続けると、自分で管理しきれないような状態にもなりかねませんので、ある程度の規模になった場合には設計図的なものをオフラインで作成して記録を残したり、定期的に内容の整理や確認を行って、見てくださる方に対して解りやすいものを作るよう心がけましょう。
さまざまなものを構築していく手間はかかりますが、自分の世界をサーバー上に展開していける楽しい作業です。

ホームページ作成ソフトとサイト運営


一昔までは、ホームページの作成は高い技術力が必要となり、ITスキルの低い人間にとっては、敷居の高いものでした。
しかし、今はホームページ作成ソフトが多数存在し、ITスキルがなくても簡単にホームページを解説できるようになっています。
例えば、用意された部品をドラッグアンドドロップで簡単に構築できるもの、または最初から用意されているテンプレートに必要な情報を加えていくもの様々です。
ホームページは内容を記述するHTML、見た目を装飾するCSS、動的なページを作成するためのJavascriptやPHPといったプログラミング言語まで多種多様な技術が集約されています。
それらを意識することなくホームページで自分の表現したい情報を提示できるようになったからこそ、今のインターネットの発展に繋がっていると考えられます。
またアフィリエイトと合わせて、サイト運営をすることで、副収入を定期的に得ることも可能となっています。
本来ホームページの運営は定期的に新しい情報を発信しなければ、ユーザに飽きられてしまうという問題があります。
そのためにアフィリエイトのように広告収入を定期的に得ることを目的に、高い頻度で情報が発信されているという側面を見て取れます。
インターネットが発達したもっとも大きな要因は通常ではなかなか得ることのできない情報が簡単に得られるようになったからです。
それらの情報を持っている人たちがすべてホームページを自在に作成運用できるわけではありません。
今後さらにホームページ作成ソフトが発達し、サイト運営によって高い収入が得られるようになれば、さらに貴重な情報が簡単に得られるようになります。
今後もホームページの作成に関する技術進歩に目を光らせ、人々が欲する情報に目を向けることで、情報の波に乗り遅れることがなくなるのです。
今後も到来してはさっていくビックウェーブはインターネット世界から発信され続けるに違いありません。

ホームページ作成ソフトとカスタマイズ性能


ホームページ作成ソフトのカスタマイズ性能は年々高まっています。もともとは文字フォントやサイズ変更程度であったのがビュワーの位置やビュワーに使うブラウザエンジンなども自由にカスタマイズできるなどさまざまなユーザーに合わせてくれる柔軟性が魅力となっています。
ホームページ作成ソフトのカスタマイズ性能は主に3つの観点から考えられています。
1つめはカスタマイズの方法です。UIを用意されてカスタマイズする場合がもっとも多くなっています。
この方式では直接変化を見ながら変更できるので便利です。ただし、ソフトウエア会社が設定した内容のみが変更できるのでソフトによって大きくカスタマイズ性能が異なります。変更の方法についてはテキストファイルで行えるソフトも多くなっています。
特にオープンソースタイプに多い方式であり、見た目のほとんどがカスタマイズ可能です。
この方式はソフトを作るための言語とリンクすることが多く、カスタマイズ性能が高いです。
ただし、コマンドを知らないと書けないのでUIを利用するのに比べて難易度が上がっています。
2つめはカスタマイズの内容です。カスタマイズの方法とも関係してきますが、ソフトウエアごとにカスタマイズできる範囲が大きく変わっています。
特にビュワー関連は違いがあり、ブラウザエンジンを変えられない場合もありますし、文字フォントやサイズの考え方がHTMLとは違う場合もあります。ソフトによっては変更範囲が少ないケースもまだまだありますが、その分一貫性を重視したり、自動化しているソフトと考えられます。
3つめはスマートフォン対応です。ホームページ作成ソフトでもっとも重要視されてきているのがスマートフォン対応であり、カスタマイズ性能でもスマートフォン対応が進んできています。
スマートフォン対応ではビュワー機能がPCとは変わってきます。見える範囲が狭いですし、LTEなどの携帯電話回線を利用するので表示できる文字数も違うのでカスタマイズの方向もPCとはまったく違ってきています。

スマホ対応型ホームページ制作をプロに依頼するならこちら

ホームページ作成ソフトで後悔しないために


ホームページ作成ソフトの選択はサイト制作において大きなポイントとなり、場合によっては工期が大きく変わってしまうほど影響があります。
ホームページ作成ソフトの選択において後悔するポイントはいくつもあり、選択においては注意したいところです。
1つめのポイントはスマートフォン対応です。PCやマック向けのサイトであればどのソフトウエアでもあまり差を感じないという方も少なくないのですが、スマートフォン対応はまだまだホームページ作成ソフト間で大きな差があります。
差となるポイントでもっとも大きいのがビュワーです。対応しているスマートフォンの種類が少なかったり、追加されない場合は最新の機種に対応できないなど問題が出やすいです。
また、最低解像度に合わせるにしても空白が大きなサイトは見た目が良く有りません。フォントサイズなども確認できなくてはならないため、新規にビュワーのみのソフトやブラウザのプラグインを利用する方も少なく有りません。
2つ目のポイントはUIです。サイトは巨大化してきており、コンテンツ量もかなりのものがありますが、ホームページ作成ソフトにおいてUIが使い勝手が悪いと生産性がかなり落ちます。
また、UIのカスタマイズができないソフトウエアも多いため、使いのが辛いと感じる方も多いです。
3つめは価格です。買取型から月額制に移行しつつあるソフトウエア業界ですが、買取の場合はアップグレード料などがネックになりやすく、月額制の場合はランニングコストが問題となります。
利用にあたっては予算なども考慮して決められますが、長期的なサイト構築が必要な場合などホームページ作成ソフトの価格がネックになりやすいと言われています。どのホームページ作成ソフトを利用してもデザイン性の高いサイトは作れますが、使い勝手が悪いとストレスがたまります。
そのため、導入前に必ず試用してから選ぶことが大事です。どのソフトも試用版が用意されているので率先して利用すべきです。

ホームページ作成ソフトでスマホ用サイトもラクラク


ホームページ作成ソフトはPC向けのホームページを作るのが目的となっているケースが多かったのですが、急速にスマートフォン対応が求められるようになってきています。
ホームページのスマートフォン対応は2つの方法があり、1つは一般的なホームページをスマートフォン用にカスタマイズする方法、2つめはスマートフォン、PCで同一のファイルを使う方法です。
後者はHTML5とCSSやJavascriptの合わせ技でできるようになってきており、ホームページ作成ソフトが対応が遅れてきた部分でもあります。しかし、多くのホームページ作成ソフトでスマホ対応の方法の有力な一つとして対応が進んでいます。
スマホへのホームページ対応で重要なことは工数を増やさないことです。従来のやり方ではコンテンツをそれぞれの環境用に合わせるので手間でした。
しかし、新しい方法では1つのコンテンツを自動で各プラットフォーム用に設定して表示してくれます。また、未対応のスマホがあったとしても一般的なスマホとして表示するか、PC用のサイトを表示させるなどの対応が自動で決まります。
作者側はどちらかのサイト用特化して作成することが必要ないのでとても有意義です。ホームページ作成ソフトでの対応もPC向けに作るだけで、スマホ対応は確認だけをすればよいので工期が一気に減ると喜ばれています。
ただし、スマホ対応についてはまだまだソフト間で考え方が違うので利用するソフトをしっかりチェックすることが大事です。スマホではiPhoneが中心に考えられるケースが多いのですが、Androidも多数販売されてきており、日本では半々のシェアとなっています。そのため、ホームページについても両対応が求められています。
対応については各スマートフォンの画面サイズに合わせるのですが、完璧に合わせるというよりも多くのスマートフォンで対応できる画面サイズを決めて対応することが多くなっています。