ホームページ作成ソフトでスマホ用サイトもラクラク


ホームページ作成ソフトはPC向けのホームページを作るのが目的となっているケースが多かったのですが、急速にスマートフォン対応が求められるようになってきています。
ホームページのスマートフォン対応は2つの方法があり、1つは一般的なホームページをスマートフォン用にカスタマイズする方法、2つめはスマートフォン、PCで同一のファイルを使う方法です。
後者はHTML5とCSSやJavascriptの合わせ技でできるようになってきており、ホームページ作成ソフトが対応が遅れてきた部分でもあります。しかし、多くのホームページ作成ソフトでスマホ対応の方法の有力な一つとして対応が進んでいます。
スマホへのホームページ対応で重要なことは工数を増やさないことです。従来のやり方ではコンテンツをそれぞれの環境用に合わせるので手間でした。
しかし、新しい方法では1つのコンテンツを自動で各プラットフォーム用に設定して表示してくれます。また、未対応のスマホがあったとしても一般的なスマホとして表示するか、PC用のサイトを表示させるなどの対応が自動で決まります。
作者側はどちらかのサイト用特化して作成することが必要ないのでとても有意義です。ホームページ作成ソフトでの対応もPC向けに作るだけで、スマホ対応は確認だけをすればよいので工期が一気に減ると喜ばれています。
ただし、スマホ対応についてはまだまだソフト間で考え方が違うので利用するソフトをしっかりチェックすることが大事です。スマホではiPhoneが中心に考えられるケースが多いのですが、Androidも多数販売されてきており、日本では半々のシェアとなっています。そのため、ホームページについても両対応が求められています。
対応については各スマートフォンの画面サイズに合わせるのですが、完璧に合わせるというよりも多くのスマートフォンで対応できる画面サイズを決めて対応することが多くなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です