ホームページ作成ソフトとカスタマイズ性能


ホームページ作成ソフトのカスタマイズ性能は年々高まっています。もともとは文字フォントやサイズ変更程度であったのがビュワーの位置やビュワーに使うブラウザエンジンなども自由にカスタマイズできるなどさまざまなユーザーに合わせてくれる柔軟性が魅力となっています。
ホームページ作成ソフトのカスタマイズ性能は主に3つの観点から考えられています。
1つめはカスタマイズの方法です。UIを用意されてカスタマイズする場合がもっとも多くなっています。
この方式では直接変化を見ながら変更できるので便利です。ただし、ソフトウエア会社が設定した内容のみが変更できるのでソフトによって大きくカスタマイズ性能が異なります。変更の方法についてはテキストファイルで行えるソフトも多くなっています。
特にオープンソースタイプに多い方式であり、見た目のほとんどがカスタマイズ可能です。
この方式はソフトを作るための言語とリンクすることが多く、カスタマイズ性能が高いです。
ただし、コマンドを知らないと書けないのでUIを利用するのに比べて難易度が上がっています。
2つめはカスタマイズの内容です。カスタマイズの方法とも関係してきますが、ソフトウエアごとにカスタマイズできる範囲が大きく変わっています。
特にビュワー関連は違いがあり、ブラウザエンジンを変えられない場合もありますし、文字フォントやサイズの考え方がHTMLとは違う場合もあります。ソフトによっては変更範囲が少ないケースもまだまだありますが、その分一貫性を重視したり、自動化しているソフトと考えられます。
3つめはスマートフォン対応です。ホームページ作成ソフトでもっとも重要視されてきているのがスマートフォン対応であり、カスタマイズ性能でもスマートフォン対応が進んできています。
スマートフォン対応ではビュワー機能がPCとは変わってきます。見える範囲が狭いですし、LTEなどの携帯電話回線を利用するので表示できる文字数も違うのでカスタマイズの方向もPCとはまったく違ってきています。

スマホ対応型ホームページ制作をプロに依頼するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です