ホームページ作成ソフトに必要な事ベスト3


ホームページ作成ソフトは多数販売、提供されていますが、どのソフトを選ぶかで必要な事は主に3つあると言われています。1つめは使い勝手です。
ソフトの使い勝手はかなり違ってきます。可能であれば試用版を使って自分にあっているかチェックしたいところです。また、ソフトの使い勝手については実際にホームページを作ってみることをおすすめします。
作成したデータは本番でも利用できますので合わなければ他のソフトで利用できます。使い勝手をチェックする際にはエディタやUIの他にサイトへの転送についてもチェックしておきたいところです。
サイトへの転送はリアルタイムに行う場合と手動でアップする場合があり、ソフトによって大きく異なります。2つ目のチェックポイントは価格です。オープンソースタイプも多く出ていますが、ボリュームゾーンは5万円以下です。
ホームページ制作ソフトでもっとも利用されているAdobe社のDreamweaverは月額制になりましたが、年間では2万円以上かかる計算となっています。また、買取で人気があるBindなどもあります。
ソフトの価格は機能面で変わってこない点も重要です。多くの場合、機能ではなく、添付されているテンプレートや画像の数で変わってきますので使いたいコンテンツが入っているかも重要なポイントです。
また、ソフトによっては保守費用が必要なケースもあります。特に企業で利用する場合に契約する方が多いのですが、サポートの有無も重要なポイントです。3つめはスマートフォン対応です。
ホームページはスマートフォンで見られる方が多いほどPCでの視聴数が減ってきています。しかし、多くのホームページ作成ソフトはPC向けを基本となっており、スマートフォン対応はレスポンシブルデザインで対応することが多くなっていますが、対応の仕方はソフトによって大きく異なります。自分が作りたいサイトに合わせてレスポンシブルデザインの実現方法を選べるかも重要なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です